ブライダルダイヤモンド

ブライダルダイヤモンド

宝石の鑑定について知っておこう

一般的に高価だとされている宝石ですが、その価値を決めるのは鑑定士の仕事です。宝石は価値があるため、高額な商品が市場には出回りますが、それと同じように偽物が数多く出回っています。そのため、偽物なのに本物と同じ値段を出して購入してしまった、などという詐欺やトラブルも多いのが実状です。そういったトラブルが発生しないためにも、きちんとした鑑定が必要となります。また、本物であっても、カットやカラー、クラリティーの違いで価値が大きく異なります。そういった価値を決めるためにも、鑑定士は重要な存在となるのです。鑑定士になる資格は、国家資格ではないので民間の機関から資格を与えられることになります。ただ、資格を得るためには、さまざまな知識や技術が必要とされます。宝石の知識以外にも市場動向を学んだり、複雑な機械を扱うこともあるため、ただ宝石が好きというだけでは取得は難しいかもしれません。そのため、スクールなどに通って取得するのが良いとされています。

宝石の鑑定とはどういう作業か

世界にはたくさんの宝石がありますし、宝飾店に出かけてアクセサリーの輝きを見ていると心も弾みます。いつかはこんなものが欲しいと思ったりすることもあるでしょう。ですが、意外にいろんな専門用語などもありますので、何か手に入れたいと思っている時には幾つか調べてみるといいでしょう。
鑑定や鑑別と言う言葉もよく見かけるのですが、鑑定に関しては別名をダイヤモンド・グレーティング・レポートと言ってダイヤモンドを4C(カラー、クラリティー、カット、キャラット)と呼ばれる基準に基づいてグレードで分けていった結果です。そのため、ダイヤモンドのみにしか発行されないと言ってもいいレポートなのです。
その他の宝石に関しては鑑別ということで科学的な検査を行ったうえで何で出来ているのかということを調べる作業になりますので、鑑定とは全く違うものとなります。ダイヤモンドはこの鑑別も行うことが出来るのですが、内容は違うものだと覚えておくといいでしょう。

Valuable information

自動車整備士の学校を千葉県で検索

Last update:2018/8/24